タイトルイメージ         プリザーブドフラワーのショップ&教室

本文へジャンプ



「プリザーブド」とは「保存された」という意味で、生花の樹液を有機保存液と置き換える特殊
な加工によって、生花の質感・さまざまな色をそのままに「枯れない花」としてヨーロッパで生
まれました。

湿気の少ないヨーロッパでは「永遠の花」といわれていますが、
湿気の多い日本では保存状態がよければ2〜3年の間美しさを保つことが
出来ます。

有機保存液は身体には無害ですので安心です。


プリザーブドフラワーの取扱い方

プリザーブドフラワーはとてもデリケートです。

直射日光やスポットライトに弱いです。 色あせの原因になります。

水は絶対にかけないでください。

湿気に弱いです。

花びらが湿気を吸い透けたようになります。
その際は湿度の低い場所に移してください。

湿気や摩擦で色移りしやすいです。
布などに直接触れないようにご注意願います。

ほこりがついたらドライヤーの冷風をやさしくあててください。

柔らかい羽根のようなものでやさしくやさしくお手入れしてください。